退院後に贈る快気祝い

長い人生ですから、たまには病気で入院などという、望まない出来事と向かい合うこともあります。
自分が病気になっても、家族、身内がなっても、その現実と向かい合うのは切ないです。
私のおじいちゃんは、持病で入退院を繰り返していましたが、入院すると、ふだんなかなか会えない親戚のものがお見舞いに訪れてくれることを喜んでいました。
退院したときには、みんなで集まって、やや高級な料亭で食事をしたり、ぱーっと旅行に行ったり、開放感を存分に味わっていました。
私たち子供にとっては、また快気祝いができた。
というのが本当にありがたい幸せな時間でした。
今はもう、亡くなってしまいましたが、入退院を繰り返したおじいちゃんだからこそ、みんなで賑わう時短を大切にしていたのだと思います。内祝いのお返しに、芸能人・モデルご用達。安心品質で人気のお米ギフト - 内祝いの八代目儀兵衛