山の中にありますが、松茸昆布が有馬温泉の特産品のひとつです。

鮫は昔から日本で捕られて食べられて来ました。また鮫の皮も刀の鞘やおろし金として加工されてきました。今ではも鮫は食べられていますが、フカヒレなどは中国の高級食材ですが、切り身などもスーパーで売っている所もあります。疑問に思う前に有馬温泉のガイドをここでみてはどうでしょうか。ただ鮫は死後時間がたつとアンモニア臭が強くなるため、刺身で食べるには新鮮でないと食べられそうにありません。有馬温泉には、魚を運んだとされる魚屋道と呼ばれる登山道がありますが、いくら日帰りが可能でも有馬温泉では鮫の刺身が食べられたとは思いません。しかし松茸昆布のが名産品になっているので、有馬温泉には昆布は運ばれていたのでしょう。鮫はありませんが、松茸昆布を買いに有馬温泉に行ってみませんか。