太陽光発電を設置して

家を建てた時、住宅メーカーの営業さんは太陽光発電の設備の設置を勧めてきました。
5年前のことです。
設置に際して、発電量や、電力会社への売電等のシミュレーションはかなり詳細に提示してくれたのですが、実際に設置してみて、いろいろなことが改めて実感できた、という感じです。
発電量、売電量等を表すパネルをかなりチェックするようになりましたね。
発電量の増減に一喜一憂、とまではいきませんが意識をするようになったと思います。
当地は積雪地なので冬季の発電量は減ります。
だから春が待ち遠しい感じはとても募るようになりましたね。
また、使っていない機器のスイッチを小まめに切ったりという、節電意識が強まりました。
設置によって、いろいろなことが変わりました。